工場の機械

コンテンツ

排水による水質悪化

草木や生き物のバランスを良くしていくためには、水質を綺麗にしておくことが必要になります。特に有害物質をそのまま海や川に流してしまうのは危険であるため、これらを避けて処理を行なっておきましょう。

詳細を読む

通販で購入

油の有害成分を中和してくれるため、油処理剤は地球に優しいものとして注目されています。通販でも多数の商品が販売されているので、気軽に手に入れることが出来て便利であると言えます。

詳細を読む

地球に優しい処理

油の処理が必要となれば

海や川や湖、池、土壌等の自然に対して汚染する事はいけない事です。しかし、工場での製造過程や工事現場での工事の過程、この他の事情において管理体制を整えて気を付けていても汚染してしまいそうになる場合や汚染してしまう場合が有ります。その様な場合には環境を守る為に必ず適切な手段と方法で確実に処理を行わなければなりません。 油を誤って流してしまった場合は他の物質と同様、適切な処理が必要となります。処理の方法は状況によって異なります。土壌に油を流してしまった場合には油吸着マットを使用し油を油吸着マットに吸着させそのマットを適正に処理します。池や海等の水の中へ油を放流してしまった場合は油処理剤を使用する事が有効と言えます。

油処理剤により油を処理する場合

油処理剤は主に界面活性剤が主成分になっている物が多く、この界面活性剤は水とくっつきやすい親水性の成分と油とくっつきやすい親油性の成分とで出来ています。この親油性の成分が油と反応し油がバラバラになり微粒子となります。油が微粒子の物になる事で自然の浄化作用が受けやすくなります。 油処理剤を使用する際にはメーカーによって使用方法や構成している成分が異なる場合が有りますのでカタログや説明書等で使用方法を確認してから使用すると良いです。一般的には油処理剤は原液を散布する事となっています。これは水で薄めると油と反応する前に水と反応してしまい十分な効果を発揮できないからです。 また、油処理剤は灯油や軽油、ガソリンには使用できませんので注意が必要です。

ニュース

業務用を使用

油処理剤を使用する場合はコストパフォーマンスに優れている業務用サイズが適しています。たっぷり入っているため、多くの油処理を進めることが出来、環境破壊の心配も減らせます。

詳細を読む